名古屋市内の節句人形専門店<br />新瑞橋交差点より南へ300mです。

お気軽にお問い合わせください 0120-009014

アクセス

お問い合わせ

100年ヒストリー

2014年、暮石人形と関光ブランドは
創業100年を迎える事ができました。

これもひとえに皆様のお力添えあってのことと、
感謝の気持ちでいっぱいでございます。

「ありがとう100年、これからも100年」を
合言葉にますます精進してまいります。
どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。

関光 (せきみつ)とは初代関光(昭和28年1月3日62歳)

関光 (せきみつ)とは

日本人形製作に携わる者は、江戸時代からの
風習で 独立開業するにあたり、屋号として作名
を名乗りました。

先々代の 暮石 関太郎は、お人形への熱い思い と情熱を 胸に人形を作ることを生業とし、 自身の名前の 「関」 の一文字を使い 作名を 関光(せきみつ)と名乗り、独立開業しました。

明治から大正時代への新しい幕開けとともに、 関太郎も、大志を心に新しい 船出をしたことでしょう。

初代関光の仕事写真初代関光の仕事写真

名古屋 伏見で開業

今の御園座のあたり、伏見町で職人として
商売を営んでおりました。
1914年(大正3年)はちょうど夏目漱石が
名作「こころ」を発表した年でもあります。

「関太郎」の人となりを伝え聞かされるに、
下戸で世話好きな好好爺(こうこうや)そして、
女房の「みな」も世話好きで知られておりました。

いつも
「よういりゃあてちょうした」
(ようこそおこしくださいましたの意)
「ありがとなも」
(ありがとうございますの意)

と感謝と労いの言葉であふれた、
よく人の集まるにぎやかな、お店だったそうです。

昭和40年代 二代目関光の時代昭和40年代 二代目関光の時代

二代目関光の時代

その後、名古屋の大空襲により疎開を
余儀なくされ、最終的に現在の南区に腰を
落ちつけました。

1961年(昭和36年)に他界してからは、
長男の鋼一とその兄弟が遺志を継ぎ、
二代目関光として稼業を盛り立てていきました。

関光ブランドとして製造、卸売業を営み、
全国のお人形屋さんに関光ブランドを扱って
いただけるようになりました。

この頃、新瑞橋に直営販売店として
ショールームを展開しました。

初代関光と家族の集合写真初代関光と家族の集合写真

感謝そして三代目関光の時代 - 未来

100年の道のりは決して一人の力で歩んで
来たわけではありません。
今まで何体のお人形を世の中に送り出し、
どれだだけの職人さんの、
手を借りたことでしょうか。

多くのお人形を手にしていただいた皆様
のおかげで、ここまで続けることができました、
本当にありがとうございます。

そして三代目関光ブランドとして、
感謝と努力をおしまず、さらに100年先まで、
みなさまにお人形をお届けいたします。

TEL
所在地

アクセス

お問い合わせ

ページトップへ

  • スタッフ紹介
  • facebook
  • 店長のブログ
  • 日本人形協会
Copyright (C) 2017 kureishi ningyoten. All Rights Reserved.